クレジットカード払いで節約につながる!?

生活にかかるお金のほとんどをクレジットカード払いしています。すると、どうなるのかと言いますと、支払い履歴がしっかりと記録されるので、大変便利なものなのですよね。よく「クレジットカード持つとついつい使い過ぎてしまうでしょ」などと聞かれたりもするのですが、けれども私の場合は逆ですね。クレジットカード払いをしていても、毎月入ってくる給料は決まっていますから。ですから、たかだかクレジットカードを持ったぐらいでは気が大きくなって使い過ぎるなんてことはありませんよ。まあ、ボーナス月のクレジットカード払いでは、気が大きくなってしまう傾向は否定することはできませんが。けれども、クレジットカード払いですとweb明細でその都度確認ができますので、やっぱり節約につながるのはクレジットカード払いだと感じます。私の場合は。

クレジットカードの特典でお得な買い物

クレジットカードには様々な特典が付いています。正直、自分がクレジットカードを作った目的は、それらの特典です。そして最近、この特典で非常にお得な買い物を行うことができました。それはある特定の期間内にクレジットカードを使って買い物をすると、たくさんのポイントが贈呈されるというキャンペーンが実施されていたのです。このポイントは期間限定ポイントですが、自分は頻繁にクレジットカードを使用して買い物を行うために、期間限定であってもそれらを使い切ることができます。そして案の定、獲得したポイントは全て使い切ってしまいました。このキャンペーンのおかげで、数千円分の支払いが無料となりました。非常にお得であったと感じています。

今年はクレジットカードに助けられました

Posted on

今年はとある会社のクレジットカードデビューして、ポイントを効率よくためることができているなと実感しています。元々その会社の物をお買い物をすることが多かったのですが、いつも支払いは現金か銀行振込でした。それがクレジットカードを利用するようになり、ポイントが還元されることで以前のお金の使い方よりも良い使い方になったと思います。ちょうど今年は引っ越しがあり、色々な物を整理しつつ新しく必要な物も多かったのです。多少大きな買い物をしたので、その分のポイントは1%還元でもしっかりたまってくれました。また、キャンペーンも充実していて、いくつか見逃してしまったものもありましたが、ポイントを上手にためることができました。これならもっと早くにクレジットカードを持っていたらよかったなとも思います。何にしても今年はクレジットカードを持って本当に良かったなと思います。

クレジットカードで公共料金を支払おう

公共料金などの自動的に支払う料金を現金振り込みや銀行口座の自動引き落としにしている人はいませんか。クレジットカードカードをお持ちなら一番ポイント還元率の高い1枚のカードでクレジット支払いに切り替えましょう。公共料金などの料金は一般に現金で支払うことによっての値引きはありません。しかし、クレジットカードで支払えばポイントが付きます。放っておいてもポイントが貯まっていくのです。ここでいう公共料金とはガスや電気やスマホを含む電話代やインターネットのプロバイダー料やNHK受信料などです。毎月のことなので1年もたてば知らない内にポイントが貯まっていますよ。クレジットカードのポイント還元率は低いものでも0.5%、高いものなら1.5%もありますからバカにはできませんよ。

クレジットカードは利用額に応じてメインを変更したほうが得

 買い物をクレジットカードでする機会が以前よりも増えてきたら、そのときはメインで使うクレジットカードを変更するタイミングです。クレジットカードの利用額が増えればそれに比例してポイントの獲得も増えるのですから、ポイント還元率にこだわったほうがお得です。 今はポイント還元率が最大で3%ほどになるクレジットカードも登場しており、数年前とはその様相がだいぶ変わってきています。それは条件を満たしたうえでの還元率かもしれませんが、それでも事前にシミュレーションしてみて問題がなさそうなら、メインで使うクレジットカードを変更するべきです。 もしも今まで使っていたクレジットカードに愛着がある場合、それはサブとして残せば使い続けられます。ですので、クレジットカードは利用する機会にともないメインを変更したほうが良いです。

クレジットカードは実は安全性が高い理由

クレジットカードを持つ前には、クレジットカードは現金がなくても買い物が出来てしまうため買い過ぎてしまうとか、キャッシングでお金を借りて返さなくなるというイメージばかりがありました。しかし、実は使い方さえ気を付ければ現金を持ち歩き支払いに使うよりも安全性が高いと分かりました。始めからキャッシング枠なんて設定しなければお金を借りることすら出来ないし、現金なら落としたらそれで終わりだけど無くしたのがクレジットカードならカード会社にすぐ連絡すれば不正利用される事もなく被害を最小限に止まられるのです。だから、私は現金は必要最小限持ち歩き、基本的に出来るところではカード支払いをしています。いまどき、クレジットカードなんて盗んで使用したら逆に足が付きやすくなるので盗まれても使われる可能性は低いですし、現金よりカードの方が安心できますね。

クレジットカードを作り過ぎない事が大事

クレジットカード業者も増えており、各業者ともさまざまなお得なサービスを提供しています。そこで、利用してみたいクレジットカードが多く見つかって、いくつもクレジットカードに申し込んで作っていく人もいます。しかし、あまりに作り過ぎるのは良くないです。多くのクレジットカードを作って使用していると、多重債務者になってしまう可能性があったり、借入額が多くなると、住宅ローンやショッピングローンを利用する時に審査に通りにくくなってしまう可能性があります。後の事を考えると、クレジットカードは多くて2つから3つぐらいにとどめておくようにします。また、作り過ぎると、どのクレジットカードを使っていいのか迷ってしまう可能性もあります。

ポイント化してお得

皆様は生活の中で様々なお支払をしていると思いますが、支払方法は現金や振込、クレジットカード決済などがわあります。その中でも私はポイント還元のあるクレジットカード決済を極力利用するようにしています。クレジットカード決済は手数料などを気にされる方もいらっしゃいますが、1回払いや少し高額でも2回払いまでなら手数料が無料のクレジットカード会社がほとんどです。特に家賃、光熱費などの支払もクレジットでできるなら変えてしまったほうが良いです。こういったものは一度手続きしてしまえば良いので非常に楽ですし振込忘れも防止できます。高い還元率のクレジットでも、最高1%程度の還元率ではありますが塵も積もれば山となる。毎月15万円の支払をクレジットにできれば一月1500円、年間18000円。銀行の貯金よりは非常に投資価値のある行動です。

アプラスのJCBカードに切り替えてみる

長年利用していたクレジットカードからアプラスのJCBカードに切り替えました。切り替えた理由はカードの絵柄が可愛かった事(ハワイの海亀バージョン)と年会費は1年間無料で(2年目からは1万円)家族会員も千円と安いためです。またカード利用してお買い物をすると1000円で1ポイントが加算されていきます。年間25万以上の利用があると月次ポイントに特別加算ポイントが加わります。ポイントは1ポイント5円相当分としてギフトや商品券として交換する事ができます。また海外旅行保険やレンタカーやレストランの割引なども利用する事が出来ます(レンタカーやレストランは日本語での予約あり)旅や出張の手配も電話1本でラクラク出来るので、旅行や出張が多い人はとても便利なクレジットカードだと感じています。

誰でもできるクレカの作り方

今回はクレジットカードの作り方を話していきたいと思います。私が作ったのは沖縄のカード会社で、オークスカードという所で作りました。ネットでもおそらく作れると思うのですが、私はカード初心者だったため店頭に行って発行手続きをしました。私の作ったカード会社はだいたい10時から19時までのオープンなので日中仕事してる身分では難しいので休日に行きました。まず、カードの種類を案内されます。通常のカードか年会費を払う分お得な特典などがあるゴールドカードか、どちらを作るか説明されます。今回は通常のカードを作りました。名前、住所、職場の住所や電話番号、希望のショッピング利用額を記入していき身分証提示などしていきます。ショッピング利用額は年収などに応じて変わるようなので私が希望した額は最初通りませんでした。後々収入の良い仕事に変えた後、変更がきいたので現在は利用額を上げてもらっています。そしてカードの詳しい案内を受けた後に資料を持ち帰り一旦終了です。あとはカード会社が自分の職場に本人確認の電話を入れるとのこと。確認が取れて初めてカードを発行して自宅に届きます。自宅に届くまでだいたい3週間から1カ月ほどかかりました。私が作った時は入会ポイントがついたので商品券に換えられたりと色々お得でした。一通り経験してみて、クレカ作り方は、ネットでも十分簡単に行えると思います。