海外でカードを使用する際の小さなポイントについて

Posted on

海外旅行などの機会では、各種お支払いにクレジットカードが大活躍してくれますね。むしろ、日本よりもカード受付環境の整っている国が少なくありませんので、大量の現金を持ち歩いてスリの標的になるよりも、細かい支払いをカードで済ませた方が、よっぽど安全でスマートです。時々、英語圏以外の国で日本のカードをリーダーに入れると、言語の選択を入力する場合があります。カードの支払いは万国共通、特に話せない言語であっても何となく流れでわかるものではありますが、一応【En(=英語)】を選んでおきましょう。こういった海外の支払いでは、リーダーに暗証番号入力後も通信に時間がかかる場合があります。混んだお店や急いでいる際には煩わしく感じられますが、これは仕方がないのでほんの少し、辛抱して待つことにしましょう。それでなくても各種の支払いには、多少の時間の余裕を持った方がベターですね。

クレジットカードを少額で使う

Posted on

スーパーやコンビニなど、あまり高額にならないような支払いでもクレジットカードで支払っている方を見かける機会というのはそれなりにあるかと思います。普段カードで支払いをしない方にとってはそれくらいなら現金でも良いのでは思ってしまうシーンです。これにはポイントが貯まるというれっきとした理由があるようですね。最近では少額ならばサインレスで使用できるといったスーパーなども増加傾向にあるため、クレジットカードで支払ってもスムーズに会計を済ませることができるようになりつつあります。サインレスではなく、さらに混雑しているようなレジでのクレジットカード使用はあまりよく思われないこともあるので注意が必要ですが、ポイントを貯めるための賢いクレジットカード使用法のひとつと言えるのかもしれませんね。